FC2ブログ

シドの温泉日記♪Vol2

大好きな温泉、ラーメン、家族や仲間!その他諸々勝手気ままな独り言日記。※今年はゆるゆる更新となりそうです・・・。

Category: 青森県の温泉(八甲田山周辺地区)   Tags: 温泉  

 

八甲田ホテル

正面

八甲田山麓、酸ヶ湯より少しだけ上に登った場所にある高級リゾートの八甲田ホテル。
温泉好きの間では所謂「のみ不可の宿」という部類に括られている存在ですが
実際はちょいと語弊がありまして、あるプランを利用すると日帰りでも入浴が可能となります。
それが「季節のランチプラン」(4500円+入湯税150円)
洋食と和食から選べ(和食の場合は前日までに要予約必要とありますが、洋食でも事前に予約したほうが無難)
青森市内側からの無料送迎も付いています。

  レストラン入り口

この日は洋食プランを選択し、フロントの右手にあるレストラン「メドー」にてのランチ。
季節でコースメニューが変わることと、やはり実際に現地で見て味わった方が良いと思いますので
料理画像は割愛しますが料金に見合った、いやそれ以上の味わいと感動があると付け加えておきます。

浴室入り口

昼食後、レストラン出入り口で支払い(+入湯税)を終えたら、反対側奥にある浴室へ向かいますよ。
バスタオル、ハンドタオルその他アメニティーは一通り揃ってありますので、身一つ手ぶらでOKです。

タオル

洗面所

さてそれでは念願の浴室へGo!

全景

洗い場1

洗い場2

浴室は少しだけ下るアプローチになっており右手にはサウナと水風呂、洗い場が3基
反対側にも洗い場が3基、正面には横に長い主浴槽が配置されます。

  サウナと水風呂

湯口

お湯は無色透明、弱タマゴ臭でハッキリと酸味があるもの。
湯使いとしては源泉温度が高いので若干の加水か、低めの加温湯とのブレンドかなと思います。
適温に調整され注がれるお湯は、窓側へかけ流し利用。
お隣の酸ヶ湯のようなお湯なのかなと思っておりましたが、全くの別物であり
肌触りは柔らかく、個人的にはこちらのお湯の方が好みですね。

かけ流し

逆アングル

訪問したのが冬でしたので目の前には一面の銀世界が広がっておりましたけれど
季節折々で表情は変わるでしょう!
今まで何度も目の前をスルーしていたこのホテルに念願の入湯ができたこと、
そしてそれが自分にとって青森県500湯のメモリアルに重なっただけに感慨深い一湯となりましたね。

  湯口

八甲田ホテル
住所 青森市大字荒川字南荒川山1-1
電話 0177-28-2000
泉質 酸性含鉄(Ⅱ・Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
料金 4500円+入湯税150円※季節のランチプラン利用で入浴可能 (事前予約推奨)
営業時間 13:00~15:30(月、火曜日は 14:00~15:30 )

斜め

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

スポンサーサイト



Category: 青森県の温泉(八甲田山周辺地区)   Tags: 温泉  

Comment: 13  

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉

八甲田温泉

名称と一部建屋が新しくなった八甲田温泉です。
旧、遊仙と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。
新しくなり日帰り入浴の料金設定も見直しになりました。
この日はらむね湯館のみ利用させていただきました(800円)

ラムネ館

以前の白樺館奥から一度外へ出て新しい湯小屋らむね湯館へ向かいます。
中は男女別の浴室と貸切浴室になっています。
木製の床板とタイルを組み合わせた造りで、四角い石造りの浴槽が一つ。

内湯

かけ流し

静かに溢れていく無色透明、温めのお湯に身を沈めると・・・
アワ・アワ・アワです!
身体を纏つくすかのような抜群のアワ付き。
改装前のらむね湯も何度か利用していますが、以前よりアワ付きが良くなったような印象を受けます。

湯口

アワ付き!

う~んこりゃぁ気持ちいいですよマジで!
以前のらむね湯よりは低価格で利用できるようになったのもポイントUPでしょうかね。
2人以上での利用だと、貸切浴室も割安になるのでそちらもオススメかと思います。

家族風呂

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉
住所 青森県青森市駒込深沢766-2
電話 0177-38-8288
泉質 酸性明礬泉(酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉)
料金 大浴場・露天500円、らむね湯館800円、大浴場・露天・らむね湯館1000円、らむね湯館貸切1500円(40分)
営業時間 10:00~17:30
公式HPはこちらをクリック→ぬぐだまりの里

アワツキ甚大


人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

Category: 青森県の温泉(八甲田山周辺地区)   Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

ラムネ風呂(八甲田温泉遊仙)

遊仙

相変わらずタイムラグが縮まらない内容ですが2ヶ月程前のとある日・・・。
久しぶりに八甲田温泉遊仙に再訪してきました。

とは言え今回のお目当てはこちら(≧∇≦)/
大浴場とは離れているところにある白樺荘の明礬泉
通称ラムネ風呂ですね。

やっとこっちへ来れました・・・(^^;)

別角度

左側浴室

遊仙は何度か来てますがこちらのラムネ風呂は初めての利用です。

以前は宿泊者専用と女性浴場限定だったと記憶していますが
現在は部屋が空いていれば貸切制にて日帰りでの入浴は可能です。
(要事前確認が無難かと思います)

大浴場とは離れている白樺荘の奥に貸切浴室が二つありますが
今回は左側の浴室を利用させて頂きました。

投入口

湯口

アワ付き

やってみましょう~(笑)

やってみましょう~その2

大人4~5人は余裕で入れるサイズの浴槽でしょうかね。
湯温は温めの適温で湯口付近は少し強めのガス臭が感じる取程で
浴室全体的には硫黄臭が篭もります。

ゆっくりと身を沈めるとスノコ敷の底からは静かに湯花が舞い踊り
期待していたラムネ湯の泡付きは少しずつですが全身に纏わり付いてきます。

一番分かりやすいのは湯口に手を置いてみることかもしれません。
皮膚の上でお湯を弾かんばかりの泡がコーティングしてくるのが一目瞭然です。
(画像は分かりにくいですが・・・^^;)

湯温と浴感そして泡付き!どれも大浴場では味わえませんので
少々割高にはなりますが(入浴料+貸切利用料金1500円必要)
ぜひ利用してみて欲しいと思いますね。

ラムネ風呂

八甲田温泉 遊仙
住所 青森県青森市大字駒込字深沢766-2
TEL 017-738-8288
泉質 酸性明礬泉(ラムネ湯) 
料金 入浴料500円(一人当たりの入浴料)+ラムネ湯貸切利用料1500円(一時間)
営業時間 8:00~20:00(ラムネ湯は要確認)

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

Category: 青森県の温泉(八甲田山周辺地区)   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ホテルビィラシティ雲谷

ホテルビィラシティ雲谷

雲谷温泉よりさらに上を目指して進めば迷わずたどり着くことができる
ホテルビィラシティ雲谷。

今回は北東北温泉本にて割引で利用させて頂きました。

内湯

露天

進んだ先にある浴室には大人5~6人程の小振りな内湯と、少し広めの露天が各一つ。
お湯は適温で基本的に無色ですが、酸化のせいか薄っすらと濁ったように見えます。

残念ながら消毒利用であろう薬系のエグ味と、循環利用にはなっていますが
肌触りはクセがなく、少し汗が出るのがお湯の特徴でしょうか。

浴感は少しだけ内湯の方が濃いような印象を受けましたが
天気のいい日の露天からの眺めはなかなかのものだと思います。
開放感を望むのなら露天、浴感を選ぶのなら内湯といったところでしょうか。

青森市

ホテルビィラシティ雲谷
住所 青森県青森市雲谷山吹104
TEL 0177-38-2122
泉質 単純泉
営業時間 12:00~17:00(最終受付16:30)
料金 500円 



人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

Category: 青森県の温泉(八甲田山周辺地区)   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

雲谷温泉

雲谷温泉

青森市内からR103号経由で八甲田山方面へ向かう手前の雲谷高原にある
「雲谷温泉」今まで何度もスルーしていたため、この度初訪問(^^)

内湯

温度差はなし

ジェット

浴室に入ると中央に大きな浴槽が構えてある。浴槽は二つに仕切られているが
湯温の変化はほとんどなく、深さだけが違うもの。

仕切の中央にはかつて活躍していたであろう円形湯口が・・・
(現在は別なところからお湯が投入されています)

手前のメイン浴槽は3連ジェットが並び、勢いよく吹き出している。
打たせ湯とこのジェットが人気らしく利用者のほとんどがそこへ向かう。

湯温は適温で無味、少しツルツル感がするので源泉そのものの素性は
悪くないとは思うのだけれど、鼻につくカルキ臭と循環利用という
印象だけが強く残ってしまうのが少し残念な感じがした。

看板

雲谷温泉 
住所 青森県青森市大字雲谷字山吹 
TEL 0177-38-8077
泉質 アルカリ性単純泉
営業時間 10:00~
料金 350円

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
自粛を自粛しようキャンペーン
今私たちにできることそれは
自粛を自粛バナー
Presented by Yumegurance(NEW!)
湯めぐらんすメンバーが贈る第2弾!
今回は山形県の肘折温泉のページを
開設してみました。
皆様、ぜひ下記バナーをクリックしてみて下さい。
ひじょり3 下風呂(大湯)
information
ご挨拶
訪問時の状況で書き綴っておりますので 現状と異なっている場合があります。 このページを参考にされる方は、 訪問される前に一度施設等に確認されることをお奨め致します。 料金や営業時間などは訪問時のままになっていますので 変更等がありましたらご一報下されば幸いです。
読者の皆様サンクス♪
ただいまの訪問者数♪
現在の閲覧者数:
管理者の猛烈プッシュ♪
下風呂温泉のキーポイント!
画像
掲示板はこちら(^^)
お立ち寄りの際に一言どんぞ♪
今月の一言♪
ランキング
↓ランキングに参加してます(^^)ポチっとね♪
人気ブログランキングへ

[ジャンルランキング]
日記
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

sid

Author:sid
温泉とラーメンと単車と酒とROCKが好き♪

普段はただの飲んだくれ・・・ 。
(↑だと思う)
livedoor Blogから引越してきました(^^)/

管理者へのお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR
降水量分布じゃないからね!

ジオターゲティング
温泉お仲間さんのリンクバナーです
東北の温泉といったらやはりこの方 TODI-Kさんがめぐり歩いた温泉情報満載のHPです 東北の天然温泉手帳2002
ガオガオ号で走りまくるへすらあさんのブログです
祝!サイト復活
へすさん
半袖短パンこれぞ温泉戦湯服!
DanRonさんの湯めぐり日記ですよ
dannronn
フットワークが軽いいちこさんが楽しく面白く綴る
日記です
いちこ記
青森県の温泉ブロガー仲間プンタさんが綴る
日記(風呂具)です
SPリンクバナー
青森のラーメン情報を網羅した
T・KENさんのメインHPです。
ラーメンだけでなく温泉にも精通されています。
T.KEN
ラジオや料理、時には山の出湯へ。
あおもりくまさんの総合ページバナーですよ。 あおもりくまさん
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ