シドの温泉日記♪Vol2

大好きな温泉、ラーメン、家族や仲間!その他諸々勝手気ままな独り言日記。※今年はゆるゆる更新となりそうです・・・。

Category: 岩手県の温泉(西和賀町)   Tags: 温泉  

Comment: 8  

湯田湯川温泉 せせらぎの宿吉野屋

  湯川吉野屋旅館

プランも何も考えずに突発的に湯めぐりに出かけたこの日。
巣郷温泉を後にしやってきたのが湯田湯川温泉です。
ほんとうに何も考えずに来てしまったので、何処へ寄ろうかと悩みながら温泉街を歩いていると
入り口に大きく「日帰り入浴」の文字が見えたこちらの宿、吉野屋へ初訪問させていただきましたよ。
(個人的な考えですが、このように入り口に分かりやすい表示をしてくれると助かりますね。
宿としても良い宣伝にもなると思いますし。)

  この奥が浴室

インターホンで入浴のお願いすると、優しい女将さんが浴室までの道筋を案内してくれます。
浴室は館内を下った先の奥に男女別の内湯と、貸切制で利用する露天桶風呂があります。

内湯

訪問した時は左側の浴室が男性用でしてタイル張りのシンプルな浴室。
右側の浴室は若干造りが異なっている様子でしたが、時間で入れ替えも行なっているようなので
宿泊すれば両方の浴室を利用できるのかもしれません。

  湯口

かけ流し 清流

お湯は無色透明・微温泉臭、湯温はやや熱めの設定。
表記には塩素消毒・時々濾過循環とありましたが、全くそんな感じはなく
訪問時はおそらく源泉100%かけ流しだったと思います。
広く取った窓からは湯川の清流もしっかりと眺めることができますよ。

見落としがちな桶湯

実は最初見落としていた露天桶風呂の入り口(^^;)
右側の浴室のさらに奥にひっそりと在り「あいてます」の表示が出ていれば利用可能です(※冬季休業)

  桶湯

2つある桶湯は投入量で湯温調整されており、右側が適温、左側は熱めの設定。
どちらもジャスト一人サイズ。身を沈めると豪快に溢れ出るお湯。
ロケーションも文句なしだし メッチャ気持ちええわぁ~
短時間で切り上げるつもりでしたが、ついつい長居してしまいました。
こちらの露天桶湯オススメですよ~。

  この眺め

湯田湯川温泉 せせらぎの宿吉野屋
住所 岩手県和賀郡西和賀町湯川52-113-1
電話 0197-82-2204
泉質 ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉
料金 400円
営業時間 要相談
公式HP→せせらぎの宿吉野屋

桶湯

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

スポンサーサイト

Category: 岩手県の温泉(西和賀町)   Tags: 温泉  

Comment: 6  

湯田槻沢温泉 砂ゆっこ

砂ゆっこ

湯田湯本温泉からちょいと車を走らせたところにある、湯田槻沢温泉砂ゆっこです。
しかしこの地域は雪がハンパないです。この時は外気温が-10℃・・・上がっても-5℃。
深々と降り積もる雪に、冷やされた体を温めるべく訪問してみました。

内湯

施設名にもあるように、砂をかける砂風呂コーナがありますが、こちらはオプション料金で1000円。
造りとしては温泉浴室→砂を洗い落とすシャワー室→砂風呂コーナでしょうか。
温泉のみの利用者は、300円で手前の浴室が利用可能となります。

湯口

2つに仕切られた浴槽は、無色透明のお湯が注がれどちらも熱めの設定。
若干、塩素臭はありますがそれほど気にならないレベル。
冷えた体にビリっと染みる、熱いお湯で体がシャキっとしましたね。
(実はものすごく体力を消耗していたので、ここでかなり復活w)

どちらも熱め

隣のシャワー室にある浴槽も、ちょっぴり浸かってみましたが
こちらは温めになっており、これはこれでいいかも。
砂風呂は体験しませんせんでしたが、珍しい経験になると思うので
家族連れで楽しんでみてもいいかもしれませんね。
浴後は売店で販売されてる、湯田牛乳がメッチャオススメです(^^)/

こちら中間にある温湯

湯田牛乳

湯田槻沢温泉 砂ゆっこ
住所 岩手県和賀郡西和賀町槻沢25地割16-8
電話 0197-82-2500
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩、塩化物泉
料金 300円(砂風呂は1000円)
営業時間 4月~11月まで8:00~21:30/12月~3月まで8:00~21:00
砂風呂/9:00~17:00(受付18:30まで)
休館日 毎月第二火曜日(当日が祝祭日のときは翌日)

入り口



人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

Category: 岩手県の温泉(西和賀町)   Tags: 温泉  

Comment: 2  

湯田湯本温泉 大正館(お風呂編)

大正館(朝)

前回の記事の続きとなるお風呂編です。(外観画像は翌朝撮影)
一泊朝食付きの格安プランで利用させていただいた、湯田湯本温泉大正館。
浴室は一階の廊下突き当り左手にあります。

こちら女湯

こちら女性浴室。実にこじんまりとしたシンプルな作り。
お次は男湯!こちらもシンプルな造りで、女湯浴槽より少し大きめでしょうか。
その他に、長方形の浅い浴槽もあり、こちらは温めのお湯で満ち溢れています。
(同行したI氏はこの温湯浴槽の虜になってました)

男湯主浴槽

男湯温湯浴槽

お湯は無色透明、主浴槽はやや熱めの設定(個人的には適温)
浴室全体に漂う芒硝臭、湯面からは一層ハッキリと香るのが素晴らしいです。
湯本に訪れるのは、約一年ぶりですが前回利用させていただいた、一休館より香りは高い印象を受けます。
クセのない肌触りのお湯は湯引きも早く、スッと抜けていくようなもの。
湯船に浸かる、そして出てはかけ湯。交互に繰り返しながら湯浴みは実に心地よいものです。

湯口その2 美しきMT泉

90度もある高温源泉を、チョロ出しで絞って投入している湯口も、もちろんガッチリ析出物で固まっています。
レバーをちょいと捻れば高温源泉がドバドバ出てきますよ!
う~ん素晴らしいヽ(*´∀`*)ノ
MT最高~とガッツポーズしたのは言うまでもありません。
お宿の方の対応も素晴らしかったし、お湯もコスパもかなりのもの。
メッチャ豪雪地帯の湯田湯本ですけれど、ここはお気に入りの宿になりましたね。
最後はお約束のタオル画像(笑)

お約束

湯田湯本温泉 大正館
住所 岩手県和賀郡西和賀町湯本30-24
電話 0197-84-2624
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(湯本6号泉)
料金 一泊朝食付き4,140円で利用しました
営業時間 日帰り不可

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

Category: 岩手県の温泉(西和賀町)   Tags: 温泉宿  

Comment: 0  

湯田湯本温泉 大正館(お宿&朝食編)

大正館

1月某日、20:00ちょい前に八戸ICを出発し、一路岩手県は雪深い湯田湯本温泉へ。
この日のお宿は「大正館」、湯本温泉の中でも日帰り入浴不可の宿ですね。
22:30過ぎに到着、先に到着していた先発隊はすでにマッタリモード。

部屋 TVとストーブ

フカフカの布団が敷かれ、暖房でポカポカのお部屋。
障子の引き戸の先には雪がモッサリ(ドッサリ)降り積もる、湯本の温泉街が見えます。
外の様子に比べたら、この部屋はもう天国じゃなかろうかと。

雪道の運転の疲れを取るため、一風呂浴びたら翌日行われるイベントの打ち合わせタイム!
ぶっちゃけると、打ち合わせ=宴会なのだけれど(笑)
打ち合わせ終了後も部屋に戻っては、チビリチビリと晩酌しこの日は就寝。

朝食

小鉢2 漬物

小鉢1 味噌汁

鮭 目玉焼き

翌日は一階の広間で朝食タイム!
華やかさなど要りません。これだけあったら十分な朝食でしょう。
味も文句なしに旨かったしね。(旅館の朝食はなぜこうも旨いのだろうか?)

お風呂入り放題でフカフカ布団の部屋に泊まれて、さらにこの朝食付いて
4,140円というコスパ ヽ(*´∀`*)ノ
すごいぜ!大正館。お風呂編へ続く!

割り箸

湯田湯本温泉 大正館
住所 岩手県和賀郡西和賀町湯本30-24
電話 0197-84-2624
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(湯本6号泉)
料金 一泊朝食付き4,140円で利用しました
営業時間 日帰り不可

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

Category: 岩手県の温泉(西和賀町)   Tags: 温泉  

Comment: 2  Trackback: 0

湯田湯川温泉 旅館萬鷹

萬鷹

湯田温泉郷の一つ、湯川温泉にある旅館萬鷹です。
湯川はもしかしたら5年ぶりの訪問かもしれません(--;)
入浴のお願いをしてみたところ、掃除したばかりで満湯状態じゃないけれど
それでも良ければとのことで、快く受け入れてもらえました。

内湯

浴室にはシンプルな5角形の浴槽が一つのみ。
あと20cm程で満湯になろうかという状態(こんだけあれば充分湯浴みできるんで無問題!)
角にある岩湯口から注がれるお湯は無色透明・芒硝臭がするもの。
浸かってみると・・・あら・・・
これはかなり熱めの設定!温度計持参してませんでしたが、推定48度オーバーですね。

ビリビリとアチィです!

もしかしたら、お湯を溜めてる最中なので湯量を絞っていなかったのかも。
ビリビリと体に差し込んでくる浴感はかなりのものです。
ここまで熱い湯は1月の大滝温泉以来です(笑)
湯溜め中の新鮮なお湯で心も体もシャッキっとした一湯でしたよ~(^^)

湯川の幟

湯田湯川温泉 旅館萬鷹
住所 岩手県和賀郡西和賀町湯川52-108-1
電話 0197-82-2304
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
料金 300円
営業時間 要相談(※お湯次第・午後の方がいいかも)

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへポチっとクリック
←FC2 Blog Rankingへポチっとクリック

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
自粛を自粛しようキャンペーン
今私たちにできることそれは
自粛を自粛バナー
information
ご挨拶
訪問時の状況で書き綴っておりますので 現状と異なっている場合があります。 このページを参考にされる方は、 訪問される前に一度施設等に確認されることをお奨め致します。 料金や営業時間などは訪問時のままになっていますので 変更等がありましたらご一報下されば幸いです。
読者の皆様サンクス♪
ただいまの訪問者数♪
現在の閲覧者数:
管理者の猛烈プッシュ♪
八戸地区最後の優良銭湯
009
掲示板はこちら(^^)
お立ち寄りの際に一言どんぞ♪
今月の一言♪
ランキング
↓ランキングに参加してます(^^)ポチっとね♪
人気ブログランキングへ

[ジャンルランキング]
日記
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
72位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

sid

Author:sid
温泉とラーメンと単車と酒とROCKが好き♪

普段はただの飲んだくれ・・・ 。
(↑だと思う)
livedoor Blogから引越してきました(^^)/

管理者へのお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR
降水量分布じゃないからね!

ジオターゲティング
温泉お仲間さんのリンクバナーです
東北の温泉といったらやはりこの方 TODI-Kさんがめぐり歩いた温泉情報満載のHPです 東北の天然温泉手帳2002
ガオガオ号で走りまくるへすらあさんのブログです
祝!サイト復活
へすさん
半袖短パンこれぞ温泉戦湯服!
DanRonさんの湯めぐり日記ですよ
dannronn
フットワークが軽いいちこさんが楽しく面白く綴る
日記です
いちこ記
青森県の温泉ブロガー仲間プンタさんが綴る
日記(風呂具)です
SPリンクバナー
青森のラーメン情報を網羅した
T・KENさんのメインHPです。
ラーメンだけでなく温泉にも精通されています。
T.KEN
ラジオや料理、時には山の出湯へ。
あおもりくまさんの総合ページバナーですよ。 あおもりくまさん
リンク
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム